MENU

おすすめの日焼け止めサプリ・クリームランキング【買うならコレ!】

 

紫外線の種類について解説

『紫外線はお肌に悪影響を及ぼす』という事は、皆さまもご存知の通りです。

 

ですが、この紫外線にも種類があり、その種類によって有害性が変わってくるのを知っていますか?こちらでは、紫外線の種類や絶対に防ぐべき紫外線の有害性などについてを解説しています!

 

紫外線の種類について

紫外線は【UV-A】と【UV-B】、【UV-C】の3種類に分けられています。それぞれ有害性などが違ってきますので、詳しくお話ししていきますね!

 

紫外線【UV-A】について

紫外線A派【UV-A】は、肌に当たっても見た目への変化はそこまでありません。日に焼けてヒリヒリしたり、黒くなったり…という症状がないので油断しがちですが、このUV-Aは肌の奥深くへと浸透するという特徴を持っている為、シミやシワなどを引き起こす原因にもなってしまいます。

 

また、こういった紫外線などの光はオゾン層によって阻まれ、地球に達成するのはごくわずかである場合が多いのに対し、UV-Aはオゾン層をすり抜けて地球へと到達してきます。

 

UV-Bの約20倍もの量の紫外線A波が地上に到達しているという事なので、常日頃から日焼け止めをきちんと使用しておく事が大切になってきます。

紫外線 種類

 

UV-Aってお肌に到達すると、長い時間をかけて肌細胞を破壊してしまう特徴があるんだって!

 

コラーゲンを変性させてシワやたるみを引き起こしたり、肌の老化を早めてしまうのがUV-Aだったんだ!

 

曇りの日や室内に居てもUV-Aの影響は受けるみたいだから、お肌の老化を防ぎたいなら、曇りの日も出かけない日も、しっかり紫外線対策をしておく事が大切って事なのね!


 

紫外線【UV-B】について

UV-Aが肌の奥深くに悪影響を与えるのに対し、UV-Bは肌表面に影響を与えるタイプの紫外線です。

 

日光を浴びた後にヒリヒリと赤くなったり、黒くなってしまうのはUV-Bの特徴の一つ。UV-BはUV-Aと違ってエネルギーが強いので、肌表面の細胞を傷付けてしまったり、シミの原因にもなってしまいます。

 

ただ、このUV-BはUV-Aと違って波長が短いので、オゾン層などの阻害によって、地球上に降り注いでいるのはごくわずか。全ての紫外線量の中でも10%程度なので、日常生活においては日焼け止めをしっかり塗っておけば問題はありません。

 

ただし、標高が高い山などのレジャーの場合はUV-Bも強くなる傾向がありますので、こまめに日焼け止めを塗りなおす…などの対策が必要です!

 

紫外線 種類

 

UV-Bに当たると肌がヒリヒリしたり、黒くなったりしちゃうんだ!黒くなった後にシミになる可能性も高くなるので、UV-Bもしっかり防いでおかなくちゃ…。

 

でも、UV-Aと違って波長が短いみたいだし、地球に届く紫外線量の中でも少量みたいだけど…

 

山とか川とか、普段より標高が高い場所で遊ぶ時とかは、UV-Bも強くなっちゃうみたいだから、日焼けしたくないならしっかり日焼け止めは塗っておかないとダメって事ね!


 

紫外線【UV-C】について

紫外線UV-Cは、普段はオゾン層に阻まれて地球上に到達する事は無い紫外線ですが、最近の環境問題によってオゾン層が破壊されてきた事により、標高の高い山などには紫外線UV-Cがすでに到達している所があるそうです。

 

UV-Cは紫外線A波やB波よりも波長が短いので地球上に届きにくいのですが、紫外線の中では一番有害なタイプになります。万が一オゾン層破壊が続けば、UV-Cが地球上に到達しやすくなり、肌への危険性も高くなってしまうでしょう。

 

紫外線 種類

 

UV-Cって初めて聞いたけど、UV-AやUV-Bよりも有害な紫外線だなんて…。

 

今はオゾン層によって防がれているみたいだけど、最近はオゾン層も地球汚染によって破壊されているみたいだし、このままいけばUV-C対策もしなきゃいけない日も来そうだよね…


 

日焼け止めの種類について解説

日焼け止め…というと、一般的なのがクリームタイプですが、現在では様々な種類の日焼け止めが販売されています。

 

種類によって使用感や紫外線カット力なども変わってきますので、自分の肌質に合った日焼け止めを選びましょう!

 

こちらでは、現在主流のクリームタイプを始めとする、様々な種類の日焼け止めについて解説しています。

 

日焼け止めってどの位種類があるの?

一般的なものはクリームタイプの日焼け止めですが、その他にはジェルタイプ、ローションタイプ、乳液タイプ、パウダータイプ、スプレータイプ、サプリなどの種類が販売されています。

 

それぞれの種類について詳しく解説していきますね^^♪

 

ジェルタイプの日焼け止めについて

日焼け止め 種類

ジェルタイプの日焼け止めはクリームタイプのものと違い、【ベタベタしにくい、肌に馴染みやすい、伸びが良い、白くならない】といったメリットがあげられます。

 

使用感が良いので、普段使いの日焼け止めにベスト!ただ、ウォータープルーフのものがあまり販売されていないので、汗で落ちやすいという欠点も。ジェルタイプの日焼け止めはこまめに塗りなおす事で日焼け止め効果を発揮してくれます!

 

ローションタイプの日焼け止めについて

日焼け止め 種類

ジェルやクリームタイプよりも粘度が低く、化粧水の様にサラっとしたテクスチャーの日焼け止めです。サラっとしているのでベタつきが気になる方におススメ!また、化粧水感覚で使えるのでこまめな塗り直しにも最適です。

 

ただ、ジェルタイプやクリームタイプと違って落ちやすいので、頻繁に塗りなおさなければいけないデメリットもあります。乾燥肌よりの方には合わない傾向もありますので、ご注意を!

 

乳液タイプの日焼け止めについて

日焼け止め 種類

最近では乳液タイプの日焼け止めも数多く販売されています!乳液タイプの特徴は【スキンケアも同時に行える】という事で、美容成分などもたっぷり配合されているものも多いです。

 

乳液と同じ感覚で使え、クリームタイプよりもベタつきが少なく、ジェルやローションよりも保湿感があるので、乾燥肌向きの日焼け止めと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

パウダータイプの日焼け止めについて

日焼け止め 種類

パウダータイプはお化粧の仕上げに使うルースパウダーなどの事です。お化粧直しに簡単に使えるので、持っているととても便利ですよ。ただ、ファンデーションと違い汗などで落ちやすい為、こまめに付け直しは必要です。

 

また、使用してあるパウダーの種類によっては、塗りすぎるとゴテゴテしたり、お肌が乾燥してしまったりするので、自分の肌に合ったパウダーを選びましょう!

 

スプレータイプの日焼け止めについて

日焼け止め 種類

スプレータイプは付け心地がとても軽く、メイクの上からでも付ける事が出来るので、一つ持っているとかなり重宝します!また、スプレータイプはお肌に均一に日焼け止め成分を塗る事が出来るので、塗りムラについても安心です。

 

何度重ね付けしても重くならないので、外出にも便利ですよね。ベタつきも少ないので、暑い夏にはスプレータイプの日焼け止めが人気を集めています。

 

 

 

 

 

サプリタイプの日焼け止めについて

日焼け止め 種類

飲むタイプの日焼け止めで、体の内側から紫外線をブロックし、紫外線によって傷付いた肌細胞の修復を助けてくれる効果などが期待出来るそうです。

 

しっかりケアしていても日焼けしちゃう…という方は、日焼け止めサプリと日焼け止めをセットで使うと、更に日焼け止め効果をパワーアップさせる事が出来ますよ。

 

日焼け止めのSPFとPAの数値って?

日焼け止めには【SPF値】と【PA値】というのがあります。よく日焼け止めに【SPF○○/PA++】などと表記されているのを見かけませんか?

 

今回は、このSPFとPAの役割についてを解説しています!

日焼け止め SPFとPA

SPF値ってなに?どんな作用があるの?

SPFは【紫外線棒業指数】と言われるもので、お肌を赤くヒリヒリさせたり、黒くさせてしまう【UV-B】に対して効果を発揮します。

 

【SPF○○】というように、数字が記載されているのですが、この数字は【日焼けを防ぐ事が出来る時間】を表しています。

 

日焼け止めのSPF値は、SPF1につき20分間日焼けから肌を守ってくれる効果を期待する事が出来ます。

 

●SPF30の日焼け止めの場合
20分の30倍の時間日焼けから守ってくれる=600分、約6時間日焼け止め効果を期待出来る、という計算になります。

 

SPF値が高いものはそれだけ日焼けから肌を守る時間が増えていきますが、同時に肌への負担も大きくなってきます。

 

日常的な外出であれば、SPF20〜30が妥当だと言われておりますので、普段の生活のシーンに合ったSPF値の日焼け止めを使う事がおススメです。

 

PA値ってなに?どんな作用があるの?

SPF値はUV-Bを防ぐ事が出来るのに対し、PA値は【UV-Aをどれだけ防げるか】の目安になります。

 

UV-Aはお肌に到達する事で内部の肌細胞を傷付け、シミやシワ、たるみなどの肌老化を引き起こすやっかいな紫外線。【PA++】というように、【+】の数が多い程UV-Aをより防ぐ事が出来るという事になります。

 

日本化粧品工業は、次のようにPAの強さを表しています。

 

PA+:UV-Aを防ぐ効果を期待出来る
PA++:UV-Aを防ぐ効果がかなり期待出来る
PA+++:UV-Aを防ぐ効果が非常に高い効果を期待出来る
PA++++:UV-Aを防ぐ効果が極めて高い効果を期待出来る

 

SPF値、PA値共に高い日焼け止めを選べば良いの?

SPF値やPA値が高い日焼け止めを選べば大丈夫!という訳ではありません。

 

日焼け止めのSPF値は30以上になると、効果に関してはそう変わらないようですので、そこまで高いSPF値の日焼け止めを選ぶ必要はありません。(SPF値が高すぎるとかえって肌への負担が大きくなってしまいます

 

重要なのがPA値で、肌へ悪影響を及ぼすUV-A防いでくれるという事で、こちらはPA++以上のものを選ぶようにしましょう。

 

また、日焼け止めはたっぷり塗る事が基本とされていますが、日焼け止めのSPF値やPA値は【皮膚の1平方センチメートルに日焼け止めを2mg塗った時の効果】を表しています。

 

白くなるから、ベタつくから…といって薄く塗ってしまうと日焼け止め効果が半減してしまいますので、日頃からたっぷり日焼け止めは使うようにしましょう!

日焼け止めの正しい使い方

日焼け止めは正しい方法で使わないと効果を発揮出来ません。

 

きちんと正しく使う事で日焼けを防止する効果を実感する事が出来るので、こちらでは【正しい日焼け止めの使い方】についてをお話ししています!

日焼け止め 正しい使い方

日焼け止め、正しい使い方ってあるの?

日焼け止めクリーム、日ごろからどんな使い方をしていますか?一番多く聞くのが

 

『とりあえず塗っておけば大丈夫!』という使い方です。

 

また、『日焼け止めを塗ると白くなるから…』『ベタつくのが苦手…』と、使用量を減らしてしまう方もいらっしゃいます。

 

ですが、『とりあえず塗る』『使用量を減らす』は間違った使い方です!日焼け止め効果を十分期待する事が出来なくなってしまいます。

 

日焼け止めは『とりあえず塗る』じゃダメな理由

一度に沢山の量を塗ったりすると、塗りムラが発生します。塗りムラがあると所々で日焼けしやすくなってしまう部分が出てきてしまうので、これでは十分な日焼け止め効果を期待する事が出来ません。

 

また、一度に大量に塗ってしまう事ベタついたり、白くなってしまったりするので、こちらもおススメ出来ない使い方になります。

 

日焼け止めの量を減らすとダメな理由

日焼け止めに書かれている SPF値とPA値の効果は、【皮膚1平方センチメートルに対し2mg塗った時】の効果を表しています。

 

言葉で表すと少し難しくなってしまうのですが、要は『薄く塗ったら効果は半減しちゃうよ!』という事。なので、日焼け止めは既定の量をきちんと塗っておく事が効果を実感する秘訣でもあるのです!

 

日焼け止めは1度塗ったら終わり!じゃダメな理由

日焼け止め、朝塗ったら夜まで塗り直しせずそのまま…という方も多いと思います。でも、これではせっかくの日焼け止め効果も半減!日焼け止めは一般的に【2〜3時間に1度】塗りなおす事がベストとされています。

 

SPF値1に対して約20分の日焼け止め効果があるので、SPF30だったら約6時間の日焼け止め効果を期待する事が出来ますが、コレは汗や服の摩擦などで日焼け止めが全く落ちなかった時の目安の時間です。

 

夏であれば当然汗もかきますので、日焼け止めは落ちやすくなってしまうのです。なので、2〜3時間ごとにこまめに塗る事で日焼け止め効果を持続する事が出来るんですよ。

 

日焼け止めの正しい塗り方〜まとめ〜

日焼け止めは一度に大量に塗らない!少量ずつ重ねて適量を塗るのがポイント

 

ベタつくから、白くなるからと少ない量で塗ってはダメ!適量をきちんと塗るようにするのがポイント

 

日焼け止めは2〜3時間ごとにこまめに塗りなおす事!

 

この3つのポイントは、日焼け止め効果をきちんと得る為にも大切なポイントです!正しい日焼け止めの使い方をマスターして、日差しに負けない美肌を保ちましょう♪

日焼け止めクリームとサプリの違いについて解説

日焼け止め クリームとサプリの違い

 

日焼け止めにはいくつか種類がありますが、現在主流の【日焼け止めクリーム】と、最近注目され始めている【日焼け止めサプリ】というものがあります。

 

こちらでは日焼け止めクリームとサプリ、この2つの違いについてを解説しています。


 

日焼け止めクリームと日焼け止めサプリを比べてみた!

日焼け止めクリームについて

日焼け止めクリームは体に紫外線予防効果のあるクリームを塗る事で、UV-AやUV-Bから肌を守る効果を期待する事が出来ます。

 

ただし、衣服との擦れや汗などで落ちやすい為、外出後は効果を維持する為に2〜3時間ごとの塗り直しが必要になってきます。

 

また、汗や水に強いウォータープルーフタイプもありますが、こちらは通常のボディーソープや洗顔料などで落としにくい為、専用クレンジングで落とさなければならない場合もあります。

 

●日焼け止めクリームのまとめ
⇒塗るタイプの日焼け止めは気軽に使いやすい
⇒ジェル、クリーム、スプレー、パウダー、ミルク…など、日焼け止めにも様々な種類があるので、肌質や用途などによって選ぶ事が出来る。
⇒汗や水などでも落ちにくい【ウォータープルーフ】タイプもある。
⇒基本的に日焼け止めは汗や水で落ちやすい【ウォータープルーフ以外】ので、2〜3時間ごとにこまめに塗りなおす必要がある。
⇒お化粧直しの場合、何度も塗りなおすとゴテっとしてしまう場合がある。
⇒ウォータープルーフタイプは専用のクレンジングで落とさなければ落ちない場合も。

 

日焼け止めサプリについて

最近注目されている日焼け止めサプリ。こちらは飲む事で紫外線からのダメージを防ぎ、肌の回復をサポートする効果があると言われています。

 

外出の30分くらい前に1粒〜2粒を飲み、1度服用するとその間の効果は4時間〜6時間程度継続すると言われています。この間の見直しなどをする必要はありません。

 

商品によって飲む粒の数や効果の時間帯に差はありますが、日焼けによるダメージを受けてもすばやく回復出来るような成分も配合されているとの事です。

 

●日焼け止めサプリのまとめ
⇒日焼け止めと違い、何かを塗る必要は無し。山や川のレジャーではない場合、外出の30分前に1粒〜2粒を飲むだけでOK!
⇒飲み直しなどはありません。1度飲めば効果は4時間〜6時間程度継続します。
⇒効果が持続している間は日焼けによるダメージの心配を考えずに過ごせる
⇒万が一日に焼けた部分があっても、肌の回復をサポートする成分も配合されている為、治りが早いという面も。
⇒クレンジングなどで落とす必要性は一切ナシ。