MENU

ノンケミカルの日焼け止めクリームってどういう意味?

【ノンケミカル日焼け止め】と聞くと、肌に対しても優しいイメージがありますよね。

 

ケミカルとは化学成分の事なので、ノンケミカルとは【化学成分が入っていない】という意味になりますが、ノンケミカル日焼け止めは普通の日焼け止めとどう違うのでしょうか?その意味について調べてみました!

ノンケミカル日焼け止め 意味

ノンケミカルと普通の日焼け止め、その違いは?

日焼け止めで使われる【ノンケミカル】、これは【紫外線吸収剤が配合されているか、されていないか】の違いです。

 

●ノンケミカル…紫外線吸収剤が配合されていない日焼け止めの事
●普通の日焼け止め…紫外線吸収剤を配合している日焼け止め

※紫外線吸収剤とは?
紫外線吸収剤は、その名の通り【肌に受けた紫外線を吸収し、熱などのエネルギーとして放出】する働きを持っています。

 

紫外線防止力は非常に強いのですが、【紫外線を放出する際に発生する熱などのエネルギー】が肌負担をかけると言われており、アトピー肌や敏感肌の方が塗ると、肌が乾燥したり突っ張ったり…などの悪影響が出る事があります。

 

ちなみに、ノンケミカル日焼け止めは紫外線吸収剤の代わりに【紫外線散乱剤】というものが配合されています。

 

紫外線散乱剤は、その名の通り【肌に受けた紫外線を、鏡のように跳ね返す】働きを持っているもの。

 

肌の上で化学反応が起きない為、肌が弱い人でも安心して使えるというメリットがあるんです。

 

ノンケミカル日焼け止めだからといって、全ての商品が肌に良いわけではない!

ノンケミカルというと肌に良いイメージがありますが、紫外線吸収剤が配合されていないだけであって、商品によっては合成ポリマーや合成界面活性剤などがたっぷり配合されている事があります。

 

ノンケミカル日焼け止め=天然成分のみで作られた日焼け止め、というワケではありませんのでご注意を!

 

肌が弱くてヘタな化粧品を使えない方は、日焼け止めに関しては成分表をきちんとチェックして購入する様にしましょう。

 

また、ネットでも日焼け止めの成分などについて詳しく掲載しているサイトなどもありますので、そういったネットでの情報も利用しながら、お肌に優しい日焼け止めを選んで下さいね。